FC2ブログ

容量アップ!!


こんにちわー( ̄^ ̄)ゞ
所沢店の都留ですヾ(o´∀`o)ノ

今回はリアボックスのお話です(○´・Д・`)ノ

バイクには荷物を入れられるスペースが
少なかったりそもそも入れられなかったりと
荷物を運んだり持っていくことが難しいです(つД`)ノ

そんな時に容量アップが出来るアイテムが
リアボックスです!!
3333333

これがあれば荷物を入れたり
雨具を入れて置いたりと
役立つアイテムです(ノ´▽`*)b☆

容量にお困りの方はぜひつけましょう(´∀`*)

車両によってはキャリアを取り付けてからになるので
分からない方は相談してください(^ω^ ≡ ^ω^)

所沢店の都留でしたーヽ(´∀`)ノ

今年の寒さといいましたら・・・

はとやメカニックのブログの更新を、年始の箱根駅伝よりも楽しみにしていただいてる皆様、ならびにお客様各位。

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。はとや与野店でっす!

さて。
この時期はですね・・・・・チョー寒いわけです。

バイクに乗ってますとですね、もーですね、指先がチョー寒い。

バイクに乗って指先がかじかんでまいりますとね、もー・・・・チョー痛い

おいおい、これヤバくね?くらいに感じてきますとね、もー・・・・・・指先が重い・・・・・チョー重い
クラッチとかブレーキが上手く操作できないんですよ!!!
アクセルもなんか微妙に開けづらいんですよ!!!

ここのところの通勤でマジで心が折れました。

折れた心を再び立ち上がらせるために、私、即決いたしました。

電熱グローブの導入です。

購入いたしましたのは、

KOMINE EK-204

ここで写真の挿入などは、まだまだご容赦ください。そのような上級テクにまだ対応できません。

これは電熱インナーグローブです!

そうです、インナーグローブです、とゆうのが最大のポイントです!

今使っているウィンターグローブがそのまま使えてポッカポカ!

グリップヒーターも考えましたが、絶対に使わないであろう夏場に、グリップヒーターのグリップ握ってるのもなんかねぇ・・・・・
とか思いまして。

使用してみての感想は・・・・・・

メッチャええやんwwwwww


あったかいってイイなァ・・・・としみじみ思いました。
通勤、ツラくないっすもんwww

ちなみにこちらのインナーグローブ!

はとやの楽天ショップでの購入もできますので、是非ご検討くださいね!

はとや与野店でした~


みんなで叶えたいブログ

前回の
ハトヤブログ!

突然はとや廃業の事実を知った新米メカニックの羽斗也(はとや)ニック
001_201812251322555a2.jpg

「俺の輝かしい、メカニックライフが……っ」

納得がいかず、この状況をどうにかできないかと考えていた羽斗也が目にしたのは、
今世間で話題を集めている「メカニックアイドル」の存在だった。

「これだぁっ!」

更にそんな矢先、いったいどういう訳か、過去に有名なメカニックアイドルが在籍していた
「音之森橋(おとのもりばし)バイク王(仮)」から輝海(きかい)が転職してくる。

「奇跡だよっ!なんか可能性感じるよ!
ダイスキな気持ちがあればダイジョウブだよっ!さぁ~夢を~…」

「はいストップ~!これ以上はサン○イズとかジャス○ックに怒られそうだからやめておこうな」
「おぉぅ、鋭いツッコミ……うみちゃんって呼んでもいい?」
「やめれ(怒)」


かくして3人は「メカニックアイドル」として活動を始めることにした。

「いいか?アイドルにとってはキャラ作りってのが重要なんだ。
たとえば……見てろよ~。
にっくにっくにー☆みんなのぁぃどる、ニックだぉ☆
お肉大好き、元気にくにくっ☆高級お肉でハートはラブにくっ☆

002_201812251323062b0.jpg

「…ニック……www」
「それはちょっと…イタい……」
「∑(´Д`;)」


しかしながら、世間はそんなに甘くはなかった。

テンチョォ「ブッブゥ~~!!ですね。メカニックが?アイドル?
ナニソレ儲かるの?どのくらいの粗利出るの?ハァ、ヤレヤレ…
そんなに言うなら、この店を満員にできるなら認めてやってもいいよ」


こうして3人は最初の目標、はとや草加店を満員にするため、
歌にダンスのレッスン、広報宣伝活動をがんばった。
(仕事に支障の出ない範囲で)

そして迎えた初ライブの日。

「お客さんたくさん来てるかな?」
「今まで頑張ったし、大丈夫だよ」
「じゃあみんな行くよ!」
「バイクのある生活を!」
「手軽に!」
3人「豊かにー!!」
「って、何この掛け声…」



はい、というわけで始まりました。
はとや草加店のナルホドナットクブログ「SOUKA!」
のお時間でございます。
お相手はわたくし、AKBが流行り始めた当初「あいどるぅ~?ハッ!」
とバカにしておりましたが、今や同じ穴のムジナとなってしまっております、清水です。

あの頃はバカにして申し訳ありませんでした。
アイドル…良いですよね。

ちなみに僕の好きなアイドルの劇場版は来年1月4日より公開されますのでヨロシク!(何の宣伝だ)

さて、皆様もうお分かりですね。
今回のお題はズバリ!「アイドリングについて」です。

「アイドリングについて」です。(何故か2回言う)

もしアイドリング編第二弾をやる場合、
タイトルは
ハトヤブログ!サンシャイン!!
になります(オイ)

アイドリングとは、
ギアが入っていない、クラッチが繋がっていない、後輪に動力が伝わっていない、
そしてスロットルを開けていない、外的要因が一切加わっていない状態でのエンジン回転の事をいいます。

そのアイドリング、今やほとんどインジェクション化してしまっていて基本的に調整できませんが、
カワサキ車等一部の車種や、キャブレター車では調整が可能です。

ですが調整が可能とはいっても、それは乗る人それぞれの好みに合わせて下さい、
というものではありません!

アイドリング回転数は車種それぞれにメーカーが定めた標準値というものがあり、
その値から外れてしまっていた場合に元に戻しましょう、というものなのです。
なので基本、勝手にいじってはいけないのです。

では何故標準値でなければならないのかというと、
まず高すぎる場合。
・急発進になりやすい
・減速時に速度が落ちにくい
といった具合に、想定以上に車体が進んでしまう、ということになります。

そして低すぎる場合。
・発進時にエンストしやすい
・停車時にもエンストしやすくなる
というようにエンジンが止まりやすくなります。

が、それだけではなく、低すぎる場合にはもう一つ、
バッテリーが上がりやすくなるということにもなりかねません。

エンジンがかかっている間はエンジン内で発電、充電されるということは過去に説明しましたね。
ですがそれはある程度回転を上げないと発電されない、
つまりアイドリングでは十分に充電されない車種があるということです。

今どきのインジェクション車ではほとんどがアイドリングでも十分に充電されますが、
古い車種やキャブ車、開放型バッテリーを積んでいる車種は、
アイドリングでは発電量が不十分である場合があります。

例えばこちらのバイクはアイドリングでは
P1120121.jpg

ですが、少し回転を上げると
P1120120.jpg

といった具合に十分に発電されます。

ちなみにこの車種は標準回転数でこの数値なのですが、
標準回転数ではしっかり発電されているはずなのに、
ヘタにいじってしまったが故に発電不足になるケースがあります。

それがこちら、ホンダのホーネット250です。
このバイクは標準アイドリング回転数が1500rpmで、
標準値ではこのくらい発電します。
P1120159.jpg

しかし!
なんかアイドリングたかすぎ~~(IKKOさん風に)
といって回転数を下げてしまうと……
P1120158.jpg

このようになります。

おわかりいただけただろうか……

ホーネットにお乗りの方、あるいはほかの車種でも、
「バッテリーがあがりやすい」という症状に悩まされている方。

アイドリング低すぎませんか~~??

そんなお悩みのをお持ちの方ははとやにGO!

ちなみにアイドルはいません(笑)


それでは今回はこの辺で。
サヨオナラ~( ̄∀ ̄)ノシ

寒い時期にはこれ!!

どうもこんにちわ!
所沢店の都留です(^∇^)ノ

最近急に寒くなり、バイクに乗るのがつらくなってきましたね(^_^;)
そんな時に役立つアイテムがグリップヒーターですo(^▽^)o

IMG_E0724.jpg
12345678


手元がぽかぽかで快適ですv(o゚∀゚o)v
色々な種類がありますので車種にあったグリップヒーターを
取り付けて冬も快適なバイクライフをおくりましょう(*´∀`人 ♪

日常点検は大事です


川越店入江です。


最近、急に寒くなってバイクに乗るのが辛く感じてきましたが皆様はどうお過ごしでしょうか?

ここ最近、バイクの点検でご来店されたお客様で多かったことなのですが

ブレーキパッドの残量が殆ど無い状態の車両が何台か立て続けにありました。

CIMG2836.jpg
この写真はその中で酷い状態のやつですがこの状態に近い車両が何台かありました。

このパッドは磨材の部分
がすり減ってプレート部分がブレーキディスクに触れて削れてる状態です。
このプレートがブレーキディスクに触れるとブレーキディスクにダメージが行き、大体の場合がディスク交換になることになります。
その場合ですと金額がかなり高くなることがありますので皆さんは気を付けてください。

状態の確認に関しては目視での確認になりますが、ご来店して頂いたときに声をかけていただければ無料で点検をします。
一部の車両は構造上外から見れない場合がありますのでそこのところはご了承をお願いします。
プロフィール

バイクショップ「はとや」メカニックチーム

Author:バイクショップ「はとや」メカニックチーム
埼玉県内に6店舗あるオ-トバイ販売店、「はとや」です。
各店のメカニックが書いてます。
http://hatoya.jp/

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示